title_02.jpg

HOME › 被災者の仮設住居及びボランティア宿泊所の提供について

被災者の仮設住居及びボランティア宿泊所の提供について

1 被災者の仮設住居について

本部の宿舎を仮設住居として提供いたします。ご希望の方は下記までお問い合わせください。数に限りがありますので、申し込み終了次第、締め切らせていただきます。


①宿舎の所在地:岡山県浅口市金光町大谷地域
②設備:ご相談のうえ、必要なものを整えさせていただきます。
③水光熱費:原則自己負担ですが、ご相談ください。
④入居開始時期:ご相談のうえ、準備が整い次第。
⑤入居期間:入居時から2年間を目処に、ご相談に応じます。


2 ボランティア宿泊所について

ボランティアに来られる方の宿泊場所として、修徳殿自修室など、本部施設を提供しております。ご希望の方は、下記までお問い合わせください。

※9月26日~10月12日までの期間は、生神金光大神大祭の儀式事務の関係により受け入れはできません。


①宿泊費無料。布団、風呂、トイレ、洗濯機、台所、冷蔵庫、冷凍庫、それぞれ使用可。(施設によってないものもあります)
②受け入れ人数:最大50人。要相談。
③申し込み方法:メールまたはFAXで連絡先をお知らせください。折り返し申し込みフォームをお送りします。
④教団行事などの関係で、受け入れの難しい期間もございますので、ご了承ください。


 お問い合わせ先
  金光教本部教庁 総務部
   TEL 0865-42-3111(代)
   FAX 0865-42-4419
   E-mail soumu@konkokyo.or.jp

社会活動のページはこちら
メディア 文字 

投稿日時:2018/09/05 09:54:43.321 GMT+



このページの先頭へ