title.jpg

HOME › 【お知らせ】天地金乃神大祭のご案内

【お知らせ】天地金乃神大祭のご案内

 平成31年度天地金乃神大祭が、3月31日、4月4日、7日の3回にわたり執り行われます。
 天地金乃神大祭は、私たちの親神様である天地金乃神様に、今日のいのちを頂き、生かされて生きることへの御礼を申し上げるとともに、「神と人とあいよかけよで立ち行く」というご神願成就に向けて、全教が勢をそろえて祈願させていただくご祭典です。
 天地金乃神大祭をお迎えするに当たり、天地金乃神様のご神願と、その実現のために差し向けられた教祖様のご信心を、あらためて頂き直してまいりたいと存じます。そして、教主金光様がお示しくだされた、神も助かり、氏子も立ち行く「神人の道」が実現されてまいりますよう、信奉者一人ひとりがお礼と喜びの生活を進め、神様のみ心を求め現して、「世界の平和と人類の助かり」に向けて、お役に立たせていただきたいと願うものであります。





祭典次第
3月31日は午前10時
4月4日,7日は午後1時30分

先 祭員着席
次 開帳
次 拝礼
次 神前拝詞奉唱
次 取次唱詞奉唱
次 祭主祭詞奏上
次 祭主玉串奉奠
次 天地書附奉体
次 参拝者総代玉串奉奠
次 教務総長挨拶
次 神徳賛詞奉唱
次 「神人の栄光」斉唱
次 拝礼
次 祭員退下

祭典終了後 引き続き
吉備舞奉納(曲目:「神の恵」)


祭典前の教話(祭場)
3月31日 午前9時30分から
 馬渡 三郎 先生(鹿児島・志布志)
 「父母の祈りの中で」

4月4日 午後1時から
 大場 美子 先生(静岡・袋井)
 「何事もまず『お礼』」

4月7日 午後1時から
 阿部 寛幸 先生(福岡・久原)
 「もとへもどりて天地金乃神様」


前夜の教話(会堂)
3月30日 午後7時30分から
 佐藤 智恵子 先生(広島・芸備)
 「私の中につまっているもの」


吉備舞の夕べ(修徳殿/主催:典楽会)
3月30日 午後7時30分から
 「如月」「富士の峯」「隅田の桜」


朝の集会(修徳殿)
3月31日 午前5時15分から
 中野 和賀子 先生(山口・厚狭)
 テーマ:「神人の道」を開く


少年少女の育成を考える「信奉者の集い」(修徳殿/主催:少年少女会連合本部)
3月31日 午前11時15分から正午まで
 砂野 真一郎 先生(福岡・前原)
 「共に育ち、共に歩む」


展示
第1・2展示室(本部総合庁舎1階)
 「立教160年記念金光図書館所蔵品」展
 「平成三十年度物故布教功労者御遺影」展

本部総合庁舎1階ロビー
 「平成30年7月豪雨-復興に向けて-」展




JR金光駅での祭典時の待合スペースについて

 現在、浅口市が進めているJR金光駅周辺整備事業のため、本年秋頃まで、南口(臨時改札)が通行できなくなります。
 このことに伴い、天地金乃神大祭時のとくに4月7日(日)の祭典時には、多くの団体がありますところから、北口エリアに臨時の待合スペースを設けることとなりました。
 安全な誘導に期してまいりたいと存じますので、下記の図を参考に、ご協力くださいますようお願いいたします。

メディア 文字 

投稿日時:2019/04/04 09:00:55.082 GMT+9



関連記事
このページの先頭へ