title.jpg

HOME › 布教功労者報徳祭の参拝形態について

布教功労者報徳祭の参拝形態について

布教功労者報徳祭の参拝形態について


2総長第50号
 令和2年10月19日

教 内 各 位
金 光 教 教 務 総 長


布教功労者報徳祭の参拝形態について


 来る12月13日午後1時30分から、祭場において、布教功労者報徳祭が執行されます。
 このたびは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、現時点においては、各教会から二人までの代表参拝とし、祭場内や会堂内に「三密(密集、密接、密閉)」の状況が発生しないように留意して、祭典をお仕えしてまいりたいと存じます。
 代表以外の方につきましては、各地からの遙拝にておかげを頂かれますようお願いいたします。
 つきましては、代表参拝にあたり、下記事項をご了知いただきたく通牒いたします。
 なお、感染者数の状況や、国や県が示すイベント開催の基準の変化等により、今後、参拝形態を変更することもあります。その場合は、管内通牒、金光教ホームページ、「金光新聞」等をとおしてお知らせいたしますので、最新の情報にご留意いただきますようお願いいたします。

     
1 参拝届について
 1 参拝する教会は、諸願届様式第1号による参拝届を11月20日までに届け出ること。
 2 教会長が他の教会長を兼務している場合でも、参拝届はそれぞれの教会ごとに届け出ること。
   教会長が参拝できず、在籍教師または信徒のみが参拝する場合においても同様とする。
 3 霊地滞在中の連絡先または代表者の携帯電話の番号は、明確に記入すること。

2 教師の参列について
 1 このたびは、教師の参列は行わないので、参列届の提出は不要である。
 2 職員は、参拝教会の中から選定する。
 3 調饌員は、儀式事務係員から選定する。

3 祭場及び会堂への入場について
 1 参拝教会及び布教所には、受付・案内所で、入場カードが配布されるので、各教会の代表者は、霊地に到着後、速やかに受付・案内所へ届け出ること。
   入場カードは、教会代表者用1枚、参拝者用1枚の計2枚配布される。
 2 祭場及び会堂には、いずれかの入場カードを所持していれば入場できる。なお、会堂の入場制限は、祭典当日の午前10時から午後3時までとする。
 3 会堂内に一度に入場できるのは、82人までとする。

4 本部広前でのお届けについて
 1 お結界でのお届けは、教会代表者用の入場カードを所持している者に限る。
   なお、お届け時間の指定は行わず、会堂南の間の「教会長受付」で順次、受付を行う。その際、教会代表者用の入場カードを提示すること。
 2 お届けには、諸願届様式第3号による奉献者名簿を添えること。奉献者名簿は、綴じないこと。
   各自のお届け時間はできるだけ短縮し、格別のお願いなどがある場合は、奉献者名簿にその要旨を記入しておくこと。(なお、平常のお届けの場合も2人以上あるときは、同様に奉献者名簿を添えること。その場合も、奉献者名簿は綴じないこと)
 3 このたびは、会堂北教場に「御届所」を設ける。教会代表者以外の者がお届けする場合は、原則として「御届所」で行うこと。ただし、お結界が混雑していない時間帯にはお結界でお届けすることができるので、広前係員の指示に従うこと。

5 直会の交付について
 1 参拝教会及び布教所には直会が下げられるので、霊地到着後、受付・案内所に届け出て、直会券を受け取ること。
 2 祭典終了後から午後3時30分までに、直会交付所(祭場正面玄関左側カウンター)で直会券と引き換えに交付を受けること。
   なお、その後は受付・案内所で受けること。

6 諸行事について
  祭典に合わせての諸行事は、祭典前の教話のみ行う。


その他新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

その他新型コロナウイルス感染症に関するお知らせはこちら

メディア 文字 

投稿日時:2020/10/29 11:02:54.359 GMT+9



このページの先頭へ