社会活動平和活動トップ

HOME › 社会活動・平和活動 › 災害救援募金へのご案内




 金光教南九州教務センターでは、復興への祈りをさらに深めていくため、上記の「平成28年熊本地震復興祈願詞」を作成いたしました。ダウンロード・印刷の上、祈りの実践にご活用ください。

 →PDFをダウンロードする

平成28年熊本地震について被災者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます


 去る4月14日、16日に発生した地震、また、その余震などにより、熊本、大分地方を中心に大きな被害が出ております。このたびの地震によりお亡くなりになりました方々の、霊(みたま)のお道立てをお祈りし、ご遺族に哀悼の意を表しますとともに、現地で多くの困難に出合われました方々の、ここからの立ち行きを、衷心よりご祈念申し上げます。
 被災地では、揺れの大きな余震が続いており、11万人を超える方々が避難所生活を送っておられます。本教においても、教会や信奉者の方々に多くの被害が出ております。心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早く復興のおかげをこうむられますよう、お祈り申し上げます。
 もとより、人間の親神様である天地金乃神様は、あらゆるものを生かし、育むいのちの根源であります。とりわけ人間にかけられる思いは深く、「人間がおかげを受けないで苦しんでいるようでは、神の役目が立たない。人間が立ち行かなければ、神も金光大神も立ち行かない」とまで仰せになっております。
 「人間はみな神の氏子」と仰せになる親神様のみ心に思いをいたし、「人を助けることができるのが人間である」とのおぼしめしを頂いて、これからの復興に向けて、いっそう人が助かる働きを現させていただきたいと願っております。
金光教教務総長 西川良典


平成28年熊本地震による災害への今後の支援活動について(お知らせ)


平成28年5月9日  
    教 内 各 位
平成28年熊本地震による災害への今後の支援活動について(お知らせ)
金光教本部教庁  

 このことにつきまして、熊本・大分地方で発生しております地震に関わりまして、一部ライフラインは止まっているものの食料や水は少しずつ確保できていくなど、当面の生活拠点の構築に向けた動きとともに、復旧、復興に向けた歩みが進められつつあります。
 被災地では、現在も余震が続いており、被害状況はその都度変化しておりますが、各教会の被害状況についてある程度把握ができており、確認できた内容につきましては、随時金光教ホームページに掲載させていただいております。
 本部といたしましては、本部教庁(総務部)に災害対策本部を設置し、南九州教務センターに現地対策本部を設置しました。また、全教に対して義援金の募集を行うとともに、4月20日から総務部長ほか職員を派遣し、特に被害の大きかった教会に参拝して、教主金光様からお下げいただいた御神米とお見舞いを届けさせていただき、今後の支援活動について、南九州教務センターとも協議をさせていただきました。
 今後の支援活動については、現地での支援活動を計画されている教内団体及びグループの状況を把握し、現地対策本部と情報を共有しながら、円滑な支援が進められることを願っております。
 被災教会の先生方をはじめ信徒の方々、被災地の住民の方々には、ご心労が貯まってきている様子が窺えますので、そうした方々への心情に寄り添いつつ、きめ細かい復興に向けた支援が進められてまいりますことを切に願っているところであります。
 つきましては、これからの支援活動に当たりましては、次の申し出のあった団体を中心に復興支援活動を取り進めてまいりますので、お知らせいたします。
 なお、被災地の状況に関わる情報発信については、誤った情報、肖像権の問題、被災者の方々の感情、個人情報の取り扱い等配慮すべき内容がありますので、くれぐれも注意してお取り運びいただきますようお願いいたします。


【現地災害対策本部】

  金光教南九州教務センター
   熊本県熊本市中央区南熊本5丁目8番14号
   代表者 森 義信(南九州教務センター所長)
   連絡先 TEL 096-371-6250(南九州教務センター)
       FAX 096-371-6262(南九州教務センター)


下記の団体の他に現地支援に入る団体及び個人の方は、情報を共有したいので現地災害対策本部にご一報ください


【熊本県教会連合会教会活動支援室】

 <活動拠点>
  金光教南九州教務センター
   〒860-0812
   熊本県熊本市中央区南熊本5丁目8番14号
    TEL 080-6452-5789(携帯電話)
    FAX 096-371-6262(南九州教務センター内)
 <代表者>
  代表者 梅原 和生(熊本県教会連合会会長・金光教岱明教会)
 <活動内容>
  被災教会を中心にした情報収集・支援
 <ボランティアの募集>
  募集範囲は南九州教区内の信奉者に限り、各教会連合会を通して申し込んでください


【金光教大阪災害救援隊】

 <代表者>
  代表者 白神 信幸(金光教大阪教会)
  連絡先 TEL 06-6121-2323(大阪センター)
      FAX 06-6121-6323(大阪センター)
 <活動内容>
  益城町を中心とした避難者への支援(カフェ、炊き出し等)
 <ボランティアの募集>
  大阪センター内大阪災害救援隊に問い合わせ下さい


【金光教首都圏災害ボランティア支援機構】

 <代表者>
  代表者 和泉 正一(金光教白金教会)
  連絡先 TEL 03-3818-6321(東京センター)
      FAX 03-3818-6323(東京センター)
 <活動内容>
  被災地におけるボランティア活動
 <ボランティアの募集>
  関東教区内の教会に在籍する金光教信奉者
  東京センター内ボランティア支援室に問い合わせ下さい




少年少女会連合本部「KYA災害復興支援団」からのお知らせ
 少年少女会連合本部では、2016年4月14日に発生しました「熊本地震」を受けて、5月6日から「KYA災害復興支援団」を結成し、復興支援活動に当たってまいりました。
 復興支援活動におきましては、約半年間で、15団(特別便等含む)を現地に派遣し、延べ団員が200人を超す奉仕者のもと、支援活動を取り進めることができました。
 これもひとえに、教主金光様の御取次、御祈念はもとより、教団各方面の御支援・御協力をはじめ、全教の皆様方の手厚いお祈り添えがあってのことと、改めて御礼申し上げます。
 さて、当支援団では、昨年12月末日をもって、半年間にわたる緊急支援活動を一旦終えさせていただきました。今後は、通常の連合本部事業「地方活動」の中身として、要望があれば継続して支援していく所存です。
 つきましては、団員募集および、募財期間を、12月31日をもって終了いたしましたことをご報告申し上げます。


平成28年熊本地震義援金の募集について


 このことについて、去る4月14日午後9時26分頃に発生したマグニチュード6.5の地震及び4月16日午前1時25分頃に発生したマグニチュード7.3の地震、また、その余震などにより、熊本・大分地方を中心に深刻な被害が出ております。
 この事態を受け、本部におきましては、平成28年熊本地震金光教災害対策本部を本部教庁内に設置して緊急対策に取り組むとともに、地震の規模や被害の状況に鑑み、次のとおり、平成28年熊本地震義援金の募金を行うことにいたしました。
 教会長各位におかれましては、信奉者の皆様にもお知らせ頂き、復興への祈りを込めて、全教挙げての取り組みとさせていただきたく、お願い申し上げます。
              
1 名  称 平成28年熊本地震義援金
2 募金期間 平成28年4月16日~同年12月31日
3 使  途 ①被災教会・信奉者への見舞い
       ②災害救助法が適用された市町村、激甚災害指定の県対策本部
       ③教会復興支援
       ④被災地において救援・復興支援活動を行っている団体及び被災者を受け入れ救援活動を行っている被災地所在の教会への助成
4 募金受付 ①本部広前お結界へのお届けの場合は、教会名、氏名とともに封筒の右上部分に、「平成28年熊本地震」と明記してください。
       ②送金の場合は、郵便振替口座番号:01200-3-14845
           加入者名:金光教本部教庁 災害救援・社会活動資金
           ※振込の際に「平成28年熊本地震」と明記してください。なお、振込手数料をご負担ください
5 備  考 教内の各団体・グループが支援活動を行われるについて、その活動資金を団体内で集められることは差し支えありません。
       ただし、団体・グループを越えて、教内に広く募金の呼びかけを行うことは、差し控えてください。
       なお、募金期間終了後、必要な支出をさせていただいた後、保管金が生じた場合は、災害救援・社会活動資金の臨時部「大規模災害救援金」に移管し、その後の支援は、同臨時部から行います。
       また、今後、災害の名称が変更された場合は、対策本部及び義援金の名称を変更することもありますことをご了解ください。


周辺教会の状況について


新たな情報が入りましたら随時更新いたしますので、被災教会への連絡はなるべくお控えください。

平成28年5月18日更新内容
 大分県(8)別府教会
  屋根の応急処置をしてもらい、ひどい雨漏りは少し改善している

平成28年5月12日更新内容
 熊本県(21)松橋教会
  プレハブ2棟を設置中である/ライフラインは復旧した

 熊本県(24)隈庄教会
  参拝路の石垣と擁壁の修復を優先して業者と交渉している/ライフラインは復旧した

 熊本県(27)木山教会
  教会の解体工事の時期は未定/簡易のシャワーが設置された/コンテナ3個(リース)を設置し会堂の荷物等を入れている/電気、水道は復旧した

 熊本県(49)山西教会
  プレハブ2棟が設置され、仮広前、仮教職舎としている/プロパンガス、電気が復旧した

 宮崎県(13)高千穂教会
  近所の空き家を借りて生活している/焼け跡の片付けが進んでいる

 県 名  教会番号  教 会 名  状 況 報 告
熊本 二本木 ・人的被害なし
・教職舎は土台にひびが入り、倒壊の可能性があるので入らないようにしている
・壁や物が倒れている
・会堂が無事なため、主に会堂で生活している
熊本 熊本 ・人的被害なし
・壁にひび、石塔倒れる
・教職舎の瓦8割剥がれているが、建物の骨格はしっかりしている
熊本 八代 ・壁にひび
・けが人なし
熊本 人吉 ・お供え物が落ちた
・けが人なし
熊本 玉名 ・教職舎の瓦が割れ落ち、雨漏りがしている
・広前の壁にひび割れがある
熊本 天草 ・被害なし
熊本 山鹿 ・人的被害なし
・お供え物が落ちた
熊本 水前寺 ・人的被害なし
・神具が破損し、一部天井が落ちた
熊本 鏡町 ・人的被害なし
・物が倒れ、室内の壁数カ所破損
熊本 10 坪井 ・人的被害なし
・壁が落ちたり、物が倒れたりした
・内殿全体がずれている
・一部の柱が倒れた
熊本 11 宮地 ・人的被害なし
・ライフライン復旧のため、避難所から教会へ移動した
熊本 12 川尻 ・人的被害なし
・物が倒れ神具・家具が破損
・内壁外壁にひび
熊本 13 肥後浜町 ・人的被害なし
・神具が倒れた
熊本 15 小国 ・被害なし
熊本 16 水俣 ・被害なし
熊本 17 宇土 ・人的被害なし
・食器や物が倒れた
・壁にひび
熊本 18 南有明 ・被害なし
熊本 19 砥用 ・お供え物が落ちた
・けが人なし
熊本 20 上熊本 ・石垣が道路側に膨らんでいる
熊本 21 松橋 ・人的被害なし
・会堂、教職舎、会館の被害大
・瓦の大半が剥がれて、ブルーシートで応急処置をしている
・本震でさらにゆがみがきた模様
・雨漏りのため会館天井がたわみ、崩落の危険性がある
・プレハブ2棟を設置中である
・ライフラインは復旧した
熊本 22 菊池 ・被害なし
熊本 24 隈庄 ・人的被害なし
・会堂内外の壁や柱に多数のヒビがあり、トイレ及び教職舎との連絡通路の天井崩落
・参拝路の石垣が崩れる可能性がある
・建物を取り囲むように地割れや傾き、擁壁の割れ2箇所があり、豪雨になれば境内全体が崩落する可能性がある
・参拝路の石垣と擁壁の修復を優先して業者と交渉している
・ライフラインは復旧した
熊本 25 荒尾 ・被害なし
熊本 26 牛深 ・被害なし
熊本 27 木山 ・人的被害なし
・教会は会堂・教職舎共に全壊
・外壁はほとんど崩落し、一部撤去済
・教会家族は会館で避難生活を送り、一部を仮広前としている
・教会の解体工事の時期は未定
・コンテナ3個(リース)を設置し会堂の荷物等を入れている
・簡易シャワーが設置された
・電気、水道は復旧した
熊本 28 肥後高森 ・人的被害なし
・お供え物が落ちた
・ライフライン復旧のため、避難所から教会へ移動した
熊本 29 伊倉 ・人的被害なし
・壁と瓦にひび
熊本 30 三角 ・被害なし
熊本 31 肥後大津 ・家具が倒れ、壁にひび
熊本 32 御船 ・人的被害なし
・本棚などが倒れた
・玄関が開かない
・壁や瓦が傷み、ガラスが割れた
熊本 33 南関 ・被害なし
熊本 34 佐敷 ・被害なし
熊本 35 多良木 ・被害なし
熊本 36 免田 ・被害なし
熊本 37 江田 ・被害なし
熊本 38 植木 ・人的被害なし
・神具が倒れた
熊本 40 木葉 ・人的被害なし
・本棚が倒れた
熊本 41 人吉西 ・被害なし
熊本 42 健軍 ・人的被害なし
・瓦が20枚ほどずれている 
・ブロック塀が倒壊寸前
・八足などが壊れる
熊本 43 苓北 ・被害なし
熊本 44 荻原 ・人的被害なし
・棚から皿が落ち、タンスが倒れた
熊本 45 河浦 ・被害なし
熊本 46 岱明 ・被害なし
熊本 47 甲佐 ・被害なし
熊本 48 蘇陽 ・被害なし
熊本 49 山西 ・人的被害なし
・建物は建っているが土台からずれている。中は物が倒れるなどひどく、建物全体が傾いている
・プレハブ2棟が設置され、仮広前、仮教職舎としている
・プロパンガス、電気が復旧した
熊本 50 日奈久 ・被害なし
熊本 53 島崎 ・壁にひびが入った
大分 臼杵 ・お供え物が一部落ちた
・壁に少しひび
大分 中津 ・被害なし
大分 国東 ・被害なし
大分 佐伯 ・お供え物が一部落ちるなどしたが、問題なし
大分 大分 ・被害なし
大分 杵築 ・被害なし
大分 三重 ・被害なし
大分 別府 ・石灯籠3基、奥城の石碑8基と石灯籠2基が倒壊し、離れの神饌室の壁が剥離
・大屋根の被害が大きく、ゆがみがあり、瓦をのせる板が全面的に傷んでいる
 →屋根の応急処置をしてもらい、ひどい雨漏りは少し改善している
・霊殿内部の壁が浮いている
大分 竹田町 ・被害なし
大分 11 日田 ・被害なし
大分 12 日出 ・被害なし
大分 14 安岐 ・被害なし
大分 15 豊後高田 ・被害なし
大分 16 西大分 ・瓦がずれている可能性がある
大分 18 犬飼 ・被害なし
大分 19 立石 ・被害なし
大分 20 耶馬渓 ・被害なし
大分 21 大道 ・被害なし
大分 27 小野屋 ・奥城の石塔が倒壊
大分 28 北別府 ・被害なし
大分 30 亀川 ・瓶子や食器などが割れるが建物は問題なし
・ブロック塀が倒れかけている
・瓦がずれている
・奥城の墓石上部がずれている
大分 31 木ノ上 ・被害なし
大分 32 坂ノ市 ・被害なし
大分 34 蒲江 ・被害なし
大分 35 西別府 ・被害なし
大分 37 高家 ・被害なし
大分 38 大鶴 ・被害なし
大分 40 新殿 ・被害なし
大分 41 大野町 ・被害なし
大分 42 豊前四日市 ・被害なし
大分 43 泉田 ・茶碗が割れるなどしたが、特に問題なし
大分 44 玖珠町 ・被害なし
大分 45 青山 ・奥城の石碑が倒れた
大分 47 佐賀関 ・被害なし
大分 49 野上 ・人的被害なし
・会堂と教職舎の屋根瓦が一部落下
大分 50 長湯 ・被害なし
大分 51 緒方 ・外壁にひびが入り、お供え物が落ちるなどしたが、建物は大丈夫
大分 52 富士見 ・神前の物が倒れ、瓶子・食器が破損
大分 53 野津 ・被害なし
大分 54 大分港 ・被害なし
大分 55 向之原 ・風呂場の壁に損傷
大分 56 上野ケ丘 ・被害なし
大分 58 碩田 ・被害なし
大分 59 田染 ・被害なし
大分 60 大山町 ・人的被害なし
・壁に一部ひび
大分 61 朝日ケ丘 ・被害なし
宮崎 13 高千穂 ・人的被害はなかったが、後日火災により全焼
・近所の空き家を借りて生活している
・焼け跡の片付けが進んでいる
宮崎 27 真幸 ・2階の瓦がずれているようだ

南九州教務センター ・ガラスが割れ、壁や床にひび


被災教会からのメッセージ

熊本県(21)松橋教会長 夏目裕二
 金光様のお祈りを頂く中に、御本部、親教会をはじめとして教務センター、少年少女会連合本部、熊本県支援室、大阪救援隊などの各団体や個別の先生方、同期の先生方など、多くの先生方や信奉者の皆さんのご支援とお祈り添えを賜り本当に有難うございます。松橋教会は壁が落ち柱は傾き広前から空が見え、解体を待つ状態です。会館は棟瓦の全部と平瓦の多くが被害を受け、天井は余震で落下の恐れがあり、内部を点検をしての工事が必要です。そういう中に神様のおかげに驚いています。家族が怪我なく無事であること。震災後、次々に問題が押し寄せ「困った、大変だ」と考え込むたびに、ご神前に向うと心が落ち着き、適切なご支援を頂いたりして問題が解決します。神様が少しずつ道をつけて下さっているように思います。ここから、また教会再建に向かって頑張ってまいります。

熊本県(27)木山教会長 矢野正紀
 2度にわたる震度7の巨大地震は、多大な被害をもたらし、特に震源地とされる益城町(木山)を中心として、至る所で建物は崩壊・崩落し、信じられない光景を目にします。天地の働きの中で生かされている私どもは、地震を避けては通れません。どこで起こっても不思議ではありません。
 教会会堂は傾き、壁は剥がれ落ち、教職舎3棟とも崩壊、その中で家族は奇跡的に命を賜り、大みかげを蒙りました。神様のお守りに救われました。
 驚いたのは、地震直後茫然としている中で、すぐに駆けつけて瓦礫の撤去や片付けなどの救援活動を始めてくださったことです。また、遠方より来てくださっての炊き出し奉仕、支援物資のお届けや持参、「元気ですか」と声をかけてくださったり、数日間泊まり込みで救援活動をされた方々など、被災している私どもにとって、これほど勇気づけられたことはありませんでした。この善意は生涯忘れることはできません。
 今後、復旧復興の活動は、建物の解体と整地など長期的に続きますが、今後ともお祈り添えのほど、よろしくお願い申し上げます。

熊本県(49)山西教会長 中山四男美
 この度は、数多くの方々にお祈り添え、ご支援を頂き厚く御礼申し上げます。日々ご神前で祈りを述べさせていただいていました。その中で、「私の身の上におきましては、これからどのような問題が起こりましても、天地に生かされ、神心を頂く神の子として、その問題を神様がお差し向け下さいました事柄を受けさせて頂き…」と唱えさせて頂いていました。
 この度の震災をその問題に当てはめますと、いよいよ自分の正体というものを分からせていただいた気がします。弱さを知りました。まさか、地震がわが身に、この熊本に発生するとは、神様を忘れて、先はどうなるのだろうかという自分、精神的に落ち込み体調もくずしたわけです。これまで神様に向いていたつもりが、ただ形だけであったと思う。なかなか有り難くならない自分でありました。
 「信心している者は、どんな事が起こってきても驚いてはならない」というみ教えもありますが、今回の震災をとおして、今まで同じ災難に遭われた方々の気持ちが少しは分からせてもらったかと思います。そういう中でも、命を頂いている事、夫婦共ケガ一つ無くおかげを頂いた事、車中泊・テント泊もあったけど、避難所へ行かずに済んだ事、(プレハブの中でゆっくりと休ませてもらった事)断水が続いた後、水が出た時の嬉しさありがたさ。日々の生活の中で、一つひとつを見ていくと、ありがたい事が一杯ある、有り難い事が多くなってきました。ここから改めて「人を助けることができるのが人間である」とのみ教えを頂いて、人が助かる取次の広前再建へ復興のおかげを頂きたいと願っています。

宮崎県(13)高千穂教会長 田中道守
 この度の熊本地震、お見舞い申し上げます。
 当教会、地震火災(全焼)の際には、各教会・信奉者の方々に大変なご祈念、ご心配を頂き、御礼と共に深くお詫び申し上げます。
 また、早速に心温まるお見舞い、火災現場後片付けに御用下さり、各々の御厚志衷心にしみ、このお道につながることの言葉にならぬ尊さ有り難さを、味わせていただきました。御蔭をもちまして、家族一同無事の大御蔭蒙らせてもらっていますのでご安心ください。
 尚、高千穂教会の者心を一つにして、難儀な氏子助ける為に、この高千穂の地に、天地の親神様がお差し向け下さった、生神金光大神様の御取次御手代わりの御広前の再建に向かって、ここから真の信心の向上に取り組み、格別の御都合御繰り合わせをも頂き、御神慮に添う教会として復興致したく、祈願しております。
 各教会・各信奉者の皆様には、本当に有り難うございました。

「災害救援・社会活動資金」の募金について

 「災害救援・社会活動資金」の募金につきましては、不時の災害に際して機を失わず、適切に教内及び教外の救援に充てるために、平素からの備えが大切であるところから、われひと共に助かりを願う信心生活の一環として、皆様のご協力をお願いしております。
 寄せられました募金は、全般を考慮した「災害救援・社会活動資金」として、義援金や救援活動に活用させていただいております。
 最近、各地で大きな災害が頻発しておりますが、国内外の災害に対して、「○○地震」または「○○災害」義援金と明記していただければ、その義援金を当該の被災地へお送りいたします。

 郵便振替口座番号 01200-3-14845
 加入者名 金光教本部教庁 災害救援社会活動資金
 
※振込手数料をご負担ください。

このページの先頭へ