本部あんない

HOME › 本部あんない › 本部広前の一日

本部広前の一日

 金光教(こんこうきょう)では、万物を生かし育む天地のはたらきを神として拝み、天地金乃神(てんちかねのかみ)と呼んでいます。そして、その神から「難儀な氏子を取次助けてやってくれ」と頼まれて、難儀に苦しむ人が立ち行くように、参拝者の願いを神に届け、神の願いを参拝者に伝えるという取次(とりつぎ)に専念するようになったのが、金光教の教祖である生神金光大神(いきがみこんこうだいじん)です。
 取次は教祖から代を重ねて5代目にあたる現教主へと受け継がれながら、世界中の教会においても行われています。

本部広前の一日
3:40  教主が会堂に出仕
4:00  朝の祈念
5:00  教主が取次を開始
15:20 教主が取次を終了
15:40 夕の祈念
16:40 教主が会堂から退出
20:00 夜の祈念と教話
(毎月9日、21日の月例祭前夜の祈念は19:30から)
教主金光様お出まし 3:40


 教主金光様お出ましの様子

取次の時間帯
 
取次の時間帯:  5:00頃~15:20頃
毎月9日:  5:00頃~20:30頃
毎月21日:  5:00頃~20:30頃
参拝は、24時間可能です。 地階休憩所は、3:00~20:30まで利用可能です。

このページの先頭へ