HOME › 教会信奉者の方へ › 神人あいよかけよの生活運動

 平成24年1月1日をもって、「神人(かみひと)あいよかけよの生活運動」が発足しました。この「運動」の願いとするところは、立教150年(平成21年)のお年柄に教主金光様がお示しくださった「神人の道」のおぼしめしを頂き、私たち信奉者が「神人あいよかけよの生活」を求め現していくことで、現代に生きる一人ひとりの生活に神と人との関係を再構築していくことです。
 教主金光様は、人間関係に悩むある信奉者に、「縦軸は神様と人、横軸は人と人とがつながっています」とご理解されています。「縦軸」である神様と自分との間柄を深め、その中身をもって「横軸」である人間関係や生活上の諸問題に取り組んでいくところに、この道の「助かり」の世界が開かれてくるのです。
 この度の「運動」では、「縦軸」を見失ってしまった現代社会にあって、私たち一人ひとりが、御取次を願い、頂くことをとおして、神様と自分との間柄を深め、それぞれの生活に「神も助かり、氏子も立ち行き」と神様が仰せられる「神人の道」を現していくことを目指して、「運動」の「願い」を掲げています。
 全教の信奉者が、「運動」の「願い」をもとに、繰り返す信心の稽古をとおして、神様と自分との間柄を深め、一人ひとりの生活に、さらには現代社会に「神人の道」を現していくおかげをこうむらせていただきたいと存じます。



 運動のパンフレットをPDFで公開しています。信奉者向けと教会長向けとがあります。
 データのダウンロードをご希望の方は、PDFを開き、「保存」を選択してください。

Get Adobe Readerご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

 金光教報「天地」では、毎月「運動のページ」を設けて、「神人あいよかけよの生活運動」に即したお話を取り上げています。











このページの先頭へ