title_02.jpg

HOME › 忘れられない夏のご霊地

忘れられない夏のご霊地

立教150年少年少女全国大会


 8月8日、9日、立教150年金光教少年少女全国大会(金光教少年少女会連合本部主催)が「おもいやり」を大会テーマに、本部境内とその周辺で開催された。これまでのお礼と喜びの気持ちを携えて、全国から集まったわかば(少年少女)らの明るい声が、霊地に響き渡った。【金光新聞】

 真夏の太陽が照りつける8日午後1時、本部広前会堂正面で開会式が行われ、わかば待望の大会が開幕した。恒例の人気行事、アスレチック「ガンバルンバ」、アドベンチャートレイル、おばけの館などが一斉にオープン。金光教徒社前一帯には、「まごころテント村」が出現し、昆虫の販売と飼育相談室や各種ゲーム、綿菓子やたこ焼き、地域特産品を扱う模擬店がずらりと並んだ。このほか、祭場1階通路に、わかばたちの習字や絵画などが展示された。

 4時40分、金光様のお退けを境内お道筋でお見送り。日没前、会堂から祭場へと向かうように、二筋の虹が上空に架かった。思いがけない神様からのプレゼントに大歓声が上がったところで、午後7時から「ゆうやけパレード」開始。続く「夜のつどい」では、会堂正面に集い、営火を背に大人数での勝ち抜きじゃんけんゲームが繰り広げられた。

大雨の中を大行進

 翌9日午前10時30分からは、朝からの大雨の中を「かがやけ大行進」がスタート。教祖様、教主金光様へのお礼の心を現そうと、ブラスバンドやダンスチーム約60団体が祭場南広場から境内まで行進し、沿道からは大きな声援が送られた。

 引き続いて仕えられた「わかば祭」では、教主金光様からわかばたちへ「このたび、立教150年金光教少年少女全国大会が、神様のおかげの中、多くの方々のお世話になって開かれ、ありがたいことです。わかばの皆さんが、こうして元気にご霊地に集うことができたことを、大変うれしく思います。教祖様は『今月今日』ということを大切にされました。皆さんも、お道にご縁を頂いているお礼を土台にして、一生に一度しかない今月今日、ただいまのおかげを、これから先も頂かれますよう、お祈りしています」とのお言葉があった。

 その後、少年少女会中近畿教区が歌やダンス、マジックショーを披露し、午後3時の閉会セレモニーをもって、大会は幕を閉じた。

メディア 文字 

投稿日時:2009/08/28 14:26:47.209 GMT+9



このページの先頭へ