title_02.jpg

HOME › 「よきものを与えられる信心の稽古を」

「よきものを与えられる信心の稽古を」

塚本 道晴 先生(愛媛県・来見教会)

 ある日、教会の教職舎の玄関の呼び鈴が鳴りました。出てみると、そこには50代前半の某有名生命保険会社の制服を身につけた女性が立っていました。私は用件を聞くこともなく、保険の勧誘だと決めつけて、「間に合ってます。結構です」と言うと、彼女はNと名乗り、「お参りさせていただいてよろしいですか?」と言われました。私は少し怪訝(けげん)に思いましたが、「どうぞ、どうぞ」とお広前の玄関から中に入るよう誘いました。
 Nさんは金光教の教会は初めてのようで、何をどうしていいのか分からずにお広前の後ろの方にたたずんでいました。私はお結界に座らせていただき、Nさんを手招きしてお結界へと導きました。
 「よくお参りです。何か困ったことがありますか?」と尋ねると、Nさんは「保険の勧誘のノルマが達成できません。このままでは給与も激減し、仕事を辞めなくてはなりません。どうしたら保険に加入してもらえるでしょうか」と苦しい胸の内を訴えました。
 さらに話を聞くと、Nさんが生保レディーとして働くようになって4年目、これまでは生保への加入者のノルマは順調にクリアできていたそうです。しかし、一方それは、夫や子どもたちをはじめ、親兄弟や親戚など、関わりある人たちに無理をお願いして加入してもらっていたということで、「もうこれ以上、頼れる人も頼める人もいない」ということでした。一般的に生保レディーの8割から9割が、3年から5年の間で退社を余儀なくされてしまうのは、こういった実情もあるそうです。
 私はNさんに一つ質問をしました。
 「あなたは何のために生保レディーとして働いているのですか?」。すると彼女は、「生きるため、よりよい生活をするためです」と即座に答えました。私は「あなたは保険の契約が取れないと言われましたが、あなたが生きるため、よりよい生活をするために、他の人たちから大切なお金を取るのですか。もし、あなたが取られる立場になったらどうしますか?」とさらに尋ねました。彼女は黙って話を聞いていました。
 私は続けて、「何事も取ろうとすれば、誰だって取られまいとするのが普通じゃないですか。それはあなたの仕事だけではなく、働くということ自体、他の人によきものを与えて、傍(はた)の人たちが楽になるから、『働く』と言うのでしょう。自分が楽になるだけなら働くではなく『自楽(じらく)』でもよさそうなものですが、そうじゃないでしょう。そもそも保険に加入した人たちが、安心して助かってもらうために保険のセールスをしているんでしょう。だから、これからはセールスで各家を訪問させていただく前に、神様に『どうぞこの家の方々のお役に立たせてください。よきものを与えさせてください』とお願いをしてお仕事をされたら、必ず神様が立ち働いてくださいます」と申し上げました。
 さらに私は、「金光教の教祖様は、『人にはできるだけのことをしてあげ、人に物をあげたくてしかたがないという心を持ち、自分だけよいことをしたいというような心を持つな』『自分のことは次にして、人の助かることを先にお願いせよ。そうすると自分のことは神がよいようにしてくださる』と教えてくださっています。このように、あなたの生き方を少しでも改めさせていただけば、必ず神様はお働きくださいます」と付け加えました。
 それから後、Nさんは定年退職するまでの間、ノルマを達成できなかった月はありませんでした。時にギリギリまで契約が取れない月もありましたが、そのたびに御取次を願い、頂き、初心に戻って少しでも神様のみ心に添わせていただくように努めると、不思議にお繰り合わせを頂くことができたのです。

続きはこちら → 「神人あいよかけよの生活運動」ページ

投稿日時:2018/01/11 09:00:00.000 GMT+9



このページの先頭へ