title_02.jpg

HOME › ここに神が生まれる

ここに神が生まれる

金光教報 「天地」3月号 運動のページ

 大矢嘉師(アメリカ・サクラメント)が金光教報「天地」に執筆した内容を紹介いたします。

 神と人の間に生まれた言葉は、人を神に向かわせ、神を動かします。
 立教150年を迎えた2009年、ご本部にて、6回に分けて教会長信行会が開催されました。私が参加させていただいた、6月の信行会での出来事です。
 ご本部広前は、韓国、南米、北米、ハワイ、そして日本各地から集まった教会長の黒衣姿で埋め尽くされていました。開会のご祈念にも力が入り、それがピークに達すると、「このお道を世の人々へ」という願いが一つになったように思えました。
 この勢祈念後、教務総長が皆を代表してお届けした時のことです。それまでには無かったお言葉が、金光様から下がりました。「神人の道」です。
 これは、常に私たち人間のことを願ってやまない神様と、その神様への私たちの願いが重なり合う瞬間を見事に捉えたお言葉です。「このお道」を願う氏子に、「神と人とあいよかけよで立ち行く道」と仰せになるもったいなくありがたい親神様のお心を感得された金光様は、「このお道」は「神人の道」と端的に表現されました。この斬新なお言葉は、躍動感をもって、その場にいた多くの人々の心を捉えました。広前を出て境内を歩く私を、「かみひと」とつぶやきながら足早に追い越していかれた故佐藤光俊教務総長のお姿を思い出します。

 金光教では、まったく異質と言える神と人との間に「あいよかけよで立ち行く」世界が開かれていきます。その時、神と人が密接に働き合っているため、どこまでが神で、どこからが人か分からなくなります。そのため、自分のなかに神を認識しつつ、神のなかに自分がいるような一体感を伴います。この「神人一致」を「神と人」の「と」を取り除き、「神人」とすることで、金光教の信心の極みを見事に表現されたのです。
 この「神人」状態は、何も特別なことではありません。例えば、あれこれ考えないで動いて人間業とは思えない結果につながるのは、スポーツ界ではよく見掛けることです。
 昨年の流行語のひとつ、「神ってる」も、そんな状況を表現したものでしょう。英語では「ゾーン」という言葉を使って人間を超えた領域に入っていることを表現するようで、バスケットボールでシュートが連続的に入る選手の動きはまさにそれです。どんな体勢であっても、その選手の手を離れたボールは確実にネットに吸い込まれていくような軌跡を描くのです。
 1980年の全米オープンで、アメリカのジャック・ニクラウス選手と日本の青木功選手が、最終日まで優勝を競り合いました。結果は、ニクラウス優勝、青木2位でしたが、どちらも素晴らしく、最高のゴルフでした。私は、その最終日の様子を、手に汗を握りながらテレビ観戦していました。
 2人のゴルフは対照的でした。失敗を恐れず、ダイナミックに攻めるゴルフで観衆を魅了するニクラウスに対して、青木は冷静かつ的確に、次々とアイアンを決めます。しばらく勝ちのなかったニクラウスの久々の勇姿にギャラリーは皆興奮気味で、誰からともなくささやかれた「ジャック イズ バック(われらのジャックが帰って来た)」という声援が、最終ホールのグリーンに向かう頃には大合唱になっていました。そんなプレッシャーのなかで淡々とプレーする青木の姿に、私は品格のようなものを感じました。
 後日、青木はこの時のことを、「2位ではあったけれど、自分のゴルフ人生で最高のプレーだった」と振り返ったそうです。彼は、「あの時、条件や球に対してほとんど体が勝手に動いてプレーをしていた」と言うのです。「150ヤードだから、7番で、こう打とう」などと考えることなく、「その場に立ちポールを見た瞬間、7番を抜いて、これくらいの感覚でと、勝手に動いていた」と。
 これはたゆまぬ練習を積んだトップアスリートに起こる現象ですが、「神とひとつになる」私たちの信心の稽古にも相通ずるところがあるのではないでしょうか。教祖様のみ教えをもとに、予測可能な世界に甘んじようとする自分が見えた時、私は、思考を一旦停止し、自分をリセットして起点に戻します。

続きはこちら → 「神人あいよかけよの生活運動」ページ

投稿日時:2017/03/08 09:00:00.000 GMT+9



このページの先頭へ