title_02.jpg

HOME › お礼をいう心とは

お礼をいう心とは

金光教報 「天地」4月号 運動のページ

 岩井良一師(ブラジル・サンパウロ)が本誌に執筆した内容を紹介いたします。

 立教150年生神金光大神大祭において、「『神人の道』が、一人ひとりの生活に現されてまいりますよう、共々に心を込めてお役に立たせていただきたいと願っております」と、教主金光様よりお言葉を頂きました。
 翌年の元日、畏れ多くも教主金光様に「『神人の道』とは、どのように解釈すればよろしいでしょうか。金光様の思いをお聞かせください」と、年頭のごあいさつに併せてお伺いしました。すると、ご丁寧に書面にて、次のようにお答えくださいました。
 「神人の道」とは、「・世話になるすべてに礼をいう心・神も助かり氏子の難なし」
 私は、このお言葉を頂いて、「神人の道」を日常の生活に現していくためには、「すべてに礼をいう心」の実践に取り組まなければならないと思いました。しかし、本気ですべてにお礼を言おうと思えば、自分がお世話になっている物、服、家、部屋、車、親、兄弟、友達、毎日起こってくる事柄など、際限がありません。
 私がご用を頂いているサンパウロ教会のお広前には、教会長が金光様から頂いた「世話になるすべてに礼をいう心」というお書き下げと、合楽教会初代・大坪総一郎先生の「心ひとつですべてをつくる」というお書き下げが掲げられています。両方に「すべて」と書かれているので、お参りになるほとんどの人から「本当にすべてにお礼を言うのですか」「心ひとつで本当にすべてがつくれるのですか」と、疑ったような顔で質問されます。
 その都度私は、「信心の稽古をさせていただくと、まずお礼を言えていなかった自分に気付かされ、いろんな人や物に世話になっていることを意識するようになります。そうして気付かされた一つ一つの物事にお礼を言うことで、すべてに礼をということにはほど遠いのですが、一歩一歩神様に近付いていくことができるようになります」と説明します。「心ひとつですべてをつくる」も同じで、お礼の範囲が広がるのと同時に、その心ですべてをつくる内容もまた広がっていくのだと思います。

続きはこちら → 「神人あいよかけよの生活運動」ページ

投稿日時:2017/04/26 09:00:00.000 GMT+9



このページの先頭へ