title_02.jpg

HOME › 私にとって「運動」とは何か

私にとって「運動」とは何か

金光教報 「天地」6月号 運動のページ

 楠木信浩師(奈良・王寺)が金光教報「天地」6月号に執筆した内容を紹介いたします。

 私は「神人あいよかけよの生活運動」の「運動」という言葉に引っ掛かりを覚えていました。思えば「運動」には、政治や社会的な活動として行うキャンペーンというニュアンスが感じられるので、そちらのイメージに引っ張られていたのかもしれません。
 私には「願い」の5行が、ある種のスローガンのようにも見えていました。言葉の暴力とまでは言えないものの、何かモヤモヤしたものを「運動」に感じ取っていたのです。だから、ただ唱和するだけの「運動」に、どれだけの意味があるのかと疑念を抱いていました。
 そんな私が最近になって、ようやく、この「運動」の本来の目的というか、「願い」に気付かされたのです。きっかけは、昨年の秋にご本部で開催された「運動」に関する会議に出席させてもらえたことでした。
 私は会議を前にして、ご本部のお広前にて、前方に掲げられている「運動」の額を眺めていました。案の定、初めは何か違うという感情が、ふつふつと湧き上がってくるばかりです。しばらく目を閉じて、その違和感に耳をすますことにしました。すると、ふっと「運動」が誰のためでもなく、私のための「運動」であるという思いが生まれてきたのです。そこには、紛れもなく神様の存在がありました。その瞬間に、私は「運動」の土俵に立つことを許されたのです。
 私は、私が私の「運動」になっていくために、「私の神人あいよかけよの生活運動」「私の願い」「御取次を願い頂ける、私にならせてください」「神のおかげにめざめさせていただける、私にならせてください」「お礼と喜びの生活をすすめさせていただける、私にならせてください」「神心となって人を祈り助け導ける、私にならせてください」「神人の道を現せる、私にならせてください」と「運動」の文言に少し工夫を加えてみました。そうすると、「運動」と「願い」が一つになって、すっと私になじんだような気がしたのです。
 言い換えると、その時、私は「運動」の中に生きがいを見いだしたのでした。
 「運動」を「私の願い」とする私の取り組みは、自然と神様への祈りと化しました。それによって、「運動」の「願い」は、「私の願い」であるよりも前に、「神様の願い」であると感得され始めました。
 そして、神様から「あなたも神人あいよかけよの生活運動に取り組んでくれ」「御取次を願い頂いてくれ」「神のおかげにめざめてくれ」「お礼と喜びの生活をすすめてくれ」「神心となって人を祈り助け導いてくれ」「神人の道を現してくれ」と頼まれているのかもしれないと、そんな気さえしてきたのです。
 「運動」を媒体にして、神様と対話できるとは、うれしくも驚きであり、一つの発見でもありました。「運動」をとおして、「御取次」を頂けたことが、私にとっては思いも寄らぬ出来事だったのです。
 私の身勝手な「運動」に対するレッテル貼りが、私から、「運動」に宿る神様の「願い」を、遠ざけてしまっていたことを思い知らされました。それは同様に、私の身の周りにあるさまざまな事物に関しても言えることで、私の思いも寄らぬところにこそ、神様が潜んでいることを、暗に示しているようにも思われます。
 数年前に登山した時、私が山に足を踏み入れると、アブがまとわりついてきました。うっとうしいので、私はアブを手で追い払おうとしたその時に、「アブ(私)のすみかに無断で踏み込んだのは、お前じゃないのか」と何者かに問いただされたのです。
 まさに、私の思いも寄らぬところに神様が潜んでいた、そんな感じです。

続きはこちら → 「神人あいよかけよの生活運動」ページ

投稿日時:2017/06/06 09:00:00.000 GMT+9



このページの先頭へ