title_02.jpg

HOME › 生きた神様におすがりして

生きた神様におすがりして

金光教報 「天地」10月号 運動のページ

 西中国教務センター主催運動信奉者集会(広島県西部教会連合会)で行われた佐藤 剛志 先生(鳥取・根雨)の講話を紹介いたします。

 私は、平和記念公園のすぐ近くの広島教会で生まれました。6年前に根雨教会に後継に入らせていただきました。教会で御用をさせてもらう上で、自分の信心の土台になっていることがあります。
 それは、71年前の8月に世界で初めて原子爆弾が広島に投下され、爆心地から約1.5キロメートルにあった広島教会は全壊となり、当時、御用をなさっていた二宮文子先生にはお子さんがおられず、後継に入ったのが私の祖父母でした。
 当時は1歳の伯母がいて、祖父は30歳でした。原爆によって二宮先生は教会のお広前でご祈念している姿のまま、焼け死んでおられたそうです。祖母と伯母は原爆ドームのすぐ近くの床屋さんにいたため、建物は吹き飛ばされたけれども、命は助かりました。祖父も軍隊の任務で市内の建物の中で作業していたので何とか命を助けられました。
 一時は祖父の里になる芸備教会に家族で避難します。お広前には初代教会長・佐藤範雄先生の奥さまである照先生が座っておられて、「こういうことで命からがら戻ってきました」と申すと、照先生は祖父に、「一人の信者さんでも生き残っておるであろう。一人でもあればその氏子のためにも、願い礼場所である広前は一時も早くご復興をさせていただかねばならん。また、あれだけ多くの御霊(みたま)ができたのであるから、御霊祭りを放っておくことはできまいが。早く行け」というものでした。
 祖父はとまどいながらも、「これはきっと神様のお言葉に違いない。自分には知恵も財産も、まして信心もない。何もない自分に何ができるであろうかと思ったが、あの時、自分と同じように傷を負った者同士、共に泣き、共に苦しみ、共に励まし合い、共に生きていくことならできるのではないか。その中で信心の助かりを頂いて、それでお役に立つことができればそれでいいんじゃないか」と思ったと手記に書いています。
 祖父は9月3日の夜に焼け野原に戻ってきました。けれども、雨露をしのぐ物は何もありません。教会の瓦 礫(がれき)の上で寝転がっていると、目に飛び込んできたのは満天の星空だったそうです。そして、その時に心に湧き上がってきたのが、「ああ、天地は生きている。われも共に生きん。という思いが込み上げ、明日からのご復興の力を頂いた」との思いで、そこから御用が始まりました。それが今日の広島教会になっているわけです。
 祖父母がそのような極限の状況の中で、どのように神様を頂いていたのか。それは、「あの時、神様は、私たち人間と一緒に原爆に遭われ、私たち人間と一緒に傷つき、泣き、苦しみ、そして私たちと一緒に立ち上がろうとしてくださった」と伝えています。このお道の神様である天地金乃神様は、私たち氏子の難儀に寄り添い、苦楽を共にして、何があっても私たち氏子と生きていきたいと言ってくださる、生きた神様ということを伝えてくれています。この「生きた神様におすがりする」ということが、今の私の大きな力になっています。

続きはこちら → 「神人あいよかけよの生活運動」ページ

投稿日時:2017/10/17 09:00:00.000 GMT+9



このページの先頭へ