title.jpg

HOME › 【再掲】教団独立記念祭 並びに「神人物語を編む」全教集会の参拝形態について

【再掲】教団独立記念祭 並びに「神人物語を編む」全教集会の参拝形態について

参拝の諸注意(抜粋)はこちら

 来る6月12日午後1時30分から、祭場において、教団独立記念祭が執行されます。
 現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、各種行事等の開催制限が設けられておりますが、その内容は、感染状況等を受けて徐々に変更されてきております。
 このたびの教団独立記念祭につきましては、現時点として、感染対策に努めつつ、拝詞奉唱時等の発声を祭員に限定することにしたうえで、参拝人数の制限を設けず、お仕えさせていただきたいと存じます。
 ただし、地域により、「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が発出された場合は、適用地域からの参拝は、お控えいただきたいと存じます。
 つきましては、参拝にあたり、左記事項をご了知いただきたく通牒いたします。
 なお、今後の感染状況や、国や県が示すイベント開催の基準の変化等により、参拝形態を変更することもあります。その場合は、管内通牒、金光教ホームページ、「金光新聞」等をとおしてお知らせいたしますので、最新の情報にご留意いただきますようお願いいたします。



一 参拝人数について
 1 このたびは、各教会からの参拝人数の制限は設けない。
    ただし、拝詞奉唱時等の発声は祭員のみとし、参拝者は拝詞集を黙読するなど、発声はしないこと。
 2 参拝する教会は、参拝者の氏名、連絡先を把握しておくこと。
 3  地域により、「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が発出された場合は、適用地域からの参拝は控えること。

二 参拝届について
 1  参拝する教会は、諸願届様式第一号による参拝届を5月27日までに届け出ること。
    なお、こちらから届け出を行うこともできる。
 2  教会長が他の教会長を兼務している場合でも、参拝届はそれぞれの教会ごとに届け出ること。
    教会長が参拝できず、在籍教師または信徒のみが参拝する場合においても同様とする。
 3  霊地滞在中の連絡先または代表者の携帯電話の番号は、明確に記入すること。

三 教師の参列について
  教師の参列は行わない。

四 祭場への入場について
   このたびは、人数制限を設けないところから、祭場への入場カードの配布は行わない。

五 会堂への入場について
 1  教場に一度に入場できるのは、82人までとし、特に、次の日時は、入場カードを所持している教会代表者1人に限る。(6月12日 午前10時から午後3時まで)
 2  地階(休憩所)には、地階南北の入口から入場できるが、地階と一階を行き来することはできない。なお、地階内側のトイレは、一階から下りて使用することができる。
 3  参拝教会及び布教所の代表者には、受付・案内所で、会堂への入場カードが配布されるので、各教会の代表者は、霊地に到着後、速やかに受付・案内所へ届け出ること。入場カードは、教会代表者用1枚のみ配布される。
 4  入場の際には、係員に入場カードを提示すること。

六 本部広前でのお届けについて
 1  お結界でのお届けは、教会代表者用の入場カードを所持している者に限る。
    なお、会堂正面入口南側の「教会長受付」で順次、受付を行う。その際、教会代表者用の入場カードを提示すること。
 2  お届けには、次の様式(諸願届様式第三号)による奉献者名簿を添えること。奉献者名簿は、綴じないこと。
    各自のお届け時間はできるだけ短縮し、格別のお願いなどがある場合は、奉献者名簿にその要旨を記入しておくこと。(なお、平常のお届けの場合も2人以上あるときは、同様に奉献者名簿を添えること。その場合も、奉献者名簿は綴じないこと)
 3  このたびは、一般の参拝者用に、会堂正面玄関に「御届所」を設ける。正面玄関の「御届所」では、下足のままお届けすることができる。
 4  教会代表者以外の者がお届けする場合は、原則として「御届所」で行うこと。ただし、会堂内が混雑していない時間帯にはお結界でお届けすることができるので、広前係員の指示に従うこと。

七 直会の交付について
 1  参拝教会および布教所には直会が下げられるので、霊地到着後、受付・案内所に届け出て、直会券を受け取ること。
 2  6月12日は全教集会終了後から午後3時30分までに、直会交付所(祭場正面玄関左側)で直会券と引き換えに交付を受けること。
   なお、その後は受付・案内所で受けること。

八 諸行事について
   祭典終了後、「神人物語を編む」全教集会を開催する。その他の諸行事は行わない。

教団独立記念祭並びに「神人物語を編む」全教集会の次第などについて

 来る6月12日午後1時30分から、教団独立記念祭が祭場において執行され、引き続いて「神人物語を編む」全教集会が執り行われます。
 つきましては、次第などは次のとおり行われることになりましたので、通牒いたします。




○受褒者および新任教師紹介(午後一時十分ごろから)

一 教団独立記念祭次第(午後一時三十分から)
 先 祭員着席
 次 開帳
 次 拝礼
 次 神前拝詞奉唱
 次 取次唱詞奉唱
 次 祭主祭詞奏上
 次 祭主玉串奉奠
 次 天地書附奉体
 次 参拝者総代玉串奉奠
 次 褒賞
 次 教師新任
 次 教務総長挨拶
 次 神徳賛詞奉唱
 次 拝礼
 次 祭員退下

○「今月今日で一心に頼め」演奏(午後二時三十分ごろ)

二 「神人物語を編む」全教集会(午後二時四十分ごろ)
 一 開会
 一 教主ご夫妻ご入場
 一 布教部長挨拶
 一 実践発表
 一 教主ご夫妻ご退席
 一 閉会
               (午後三時十分ごろ終了予定)




三 「参拝のしおり」などの配布について
 昨年同様、『案内』と『祭典パンフレット』をあわせた『参拝のしおり』を祭場で参拝者に配布いたします。受付・案内所では配布いたしませんが、祭典前日(11日)に必要とされる参拝者は、受付・案内所にお申し出ください。
 なお、「教団独立記念祭祭詞」は交付いたしません。

感染防止策チェックリストについて

 昨年11月より岡山県内でイベントを開催する場合、イベントの主催者は「感染防止策チェックリスト」をHPやSNS等に公表することが必要になっております。
 つきましては、本部広前祭場において執り行われる大祭も岡山県が定めるイベントに該当しますので「感染防止策チェックリスト」を公表いたします。

※画像をクリックでPDFファイルを表示します。


参拝の諸注意(抜粋)はこちら
メディア 文字 

投稿日時:2022/06/11 17:00:08.019 GMT+9



このページの先頭へ