title.jpg

HOME › 神様の名前唱え不安な心整えて【金光新聞】

神様の名前唱え不安な心整えて【金光新聞】

懸命に祈る息子の姿

 「9月も終わりか。もうすぐおかげ日だなあ」
 緑豊かな地にある金光教の教会で、教会長の義父と義母、夫と4人の子どもたちと暮らしている私(45)は、カレンダーを見ながら、5年前の10月1日のことを思い出していました。
 5年前のその日、当時小学2年生だった長男の悟が、友達と遊びに出掛けた先で、毒蛇のマムシに右手の親指をかまれました。慌てて帰宅してきた悟でしたが、顔色がみるみる青ざめていきました。
 私は驚きと心配で、すぐにお広前に行って、お結界で教会長に事の次第をお届けしました。「ご祈念させて頂く」という教会長の言葉を胸に、お神酒(みき)を悟の指に付けて、血清がある隣町の病院へと車を走らせました。
 道中、悟は「痛い痛い」と繰り返し、目をつぶっていました。私は「生神金光大神様、天地金乃神様…」とお願いしながら、「痛いね。お母さんも神様にお願いするから、悟もしっかりお願いさせてもらおうね」と伝えると、悟もまねをするように神様のお名前を唱え始めました。心配の中にも、私は初めて悟が懸命に祈る姿を目の当たりにし、ありがたい思いがしました。
 病院で診察を受けると、点滴で血清を投与するため、入院となりました。その日の夜は、静かな病室で、悟の寝息だけが聞こえていました。私は心の中で「生神金光大神様、天地金乃神様…」と繰り返していました。それは、教会で「いつでも『生神金光大神様』と唱えてお取次を頂き、全ての事柄に天地金乃神様のお徳と、ご都合のお繰り合わせを頂くことが大切」と教えられていたからでした。

神様から応援頂いて

 翌朝、毒の影響で、悟の腕は肩まで腫れ上がりましたが、意識は安定していました。2週間ほど入院することとなり、私は、前日の夜に出張から帰ってきた夫と付き添いを交代し、次男の幼稚園最後の運動会へ向かいました。夫の出張が1日でもずれていたら参加できなかったことを思うと、神様のお繰り合わせを感じました。
 さらにその1週間後、私には、弟の結婚式の予定がありました。苦労してきた弟だけに、どうしても出席したいと願っていました。家族はそんな私の気持ちを酌んで、快く送り出してくれました。披露宴の私の席には「悟が早く元気になりますように」と、弟からのメッセージカードが置いてあり、弟はもちろん、神様が私たち家族を応援してくださっているように感じ、心から安心できました。
 入院して9日目、悟は8歳の誕生日を迎えました。命があって、日々元気に過ごせていることが、決して当たり前ではないと、家族で胸に刻んだ誕生日でした。そして2週間の入院生活を終え、悟は元気に退院しました。

おかげ受けた記念日

 生きていると、いろいろなことが起きてきますが、いつでもどこでも神様のお名前をお唱えすれば、心配や不安な心が整えられ、落ち着いた心で神様にお願いができるのです。私はこの出来事を通して、どんなに不安に思う事柄でも、神様と共に歩ませて頂くことができる、その安心感が、信仰のありがたさなのだと改めて感じました。
 あの日から毎年、10月1日になると、 私は悟に 「今日はおかげ日だね。神様から助けて頂いた、 おかげを受けた記念の日。神様にお礼申そうね」と伝えています。成長するにつれて、私の言葉を照れくさそうに聞く悟ですが、悟は悟なりに、懸命に神様にお願いしたあの日のことを、きっと覚えてくれているでしょう。

※このお話は実話をもとに執筆されたものですが、登場人物は仮名を原則としています。

「心に届く信心真話」2021年9月26日号掲載

メディア 文字 金光新聞 信心真話 

投稿日時:2022/09/28 09:15:39.318 GMT+9



アクセスランクTOP10
  1. Video 【教話】「神様が求められるもの ― この私に」
  2. Video 【生神金光大神大祭】祭典の様子
  3. Video 【教話】「信心は懐に生き物を飼っているようなもの」
  4. Video 10月2日 教主金光様 お出まし・ご祈念
  5. Video 【第75回金光教少年少女全国大会】大会の様子
  6. Video 【教務総長挨拶】「神様からのいのちへの眼差し」
  7. 本部広前会堂並びに本部大祭時の撮影とインターネット配信のガイドラインについて
  8. Video 【教務総長挨拶】11月15日 立教記念祭
  9. Video 【生神金光大神大祭】教務総長挨拶
  10. Video 【教話】「ボールとの対話から」
最新の10件
このページの先頭へ