title.jpg

HOME › 神様とつながり自分が変わる【金光新聞】

神様とつながり自分が変わる【金光新聞】

自分より周りの目が

 私(41)は5年ほど前、教会と神様に出合ったことで、自分の心を大切にする生き方に変わることができました。
 私は、厳格な父と、そんな父に従順な母の娘として生まれました。自営業で忙しい両親に遠慮して、幼い頃から甘えたり、自分の思いを話すのが苦手になっていきました。「自分がどうしたいのか」よりも、周りの目や世間で良しとされる常識、価値観ばかりが気になって、進学も就職も、そんな決め方をしてきました。結果的に後悔することばかりで、人生を楽しめない自分が、嫌でたまりませんでした。
 環境を変えようと、都会で暮らしたりもしてみました。けれども、社交的ではない自分が浮き彫りになるのが怖く、人との交流を避けて過ごす日々。「環境を変えても自分が変わらないと駄目だ」と気付いた私は、故郷へ帰ることにしました。
 「自分を変えたい」と思ったものの、どうしたらいいのか分かりません。そんなある日、久しぶりに高校時代の友人と再会しました。すると、友人の雰囲気が、以前と比べて、とても柔らかくなっていることに気付きました。
 友人の話題に、よく金光教の教会の先生が登場しました。友人は、その先生夫婦の影響を受けたのだと分かりました。

思いを吐き出せる所

 私は友人に誘われ、遊びに行く感覚で、初めて教会を訪れました。先生家族は、とてもすてきな方々でした。親子が自分の思いをストレートに伝え合う姿は、親にそうやって思いを伝えたことがない私にとって、驚きでした。
 一番新鮮だったのは、先生夫婦の関係でした。とっても仲が良いのに加えて、夫の教会長先生が、率先して家事をこなすのです。私が両親から受けていた「女は男に従うもの」という夫婦のイメージや、それまでの私の考えとは全く違う価値観でした。そんな先生たちに興味が湧いた私は、頻繁に教会行事へ参加するようになりました。
 ある時、教会のお結界で、先生が「ここはね、自分の心の引き出しをひっくり返していいんだよ。なんでも話していいんだよ。吐き出すことは、自分の心を大事にする一歩だから」と言葉を掛けてくれました。それをきっかけに、自分の思いを聞いてもらうようになりました。私が抱えていた、自分を責める感情、母への本音など、今まで心の奥底に沈め、決して口にすることのなかった思いを吐き出すたびに、先生はじっと聴いて、丸ごと受け止めてくれました。
 「ああ、私はこういう場所が欲しかったんだ」。そう気付くと涙が止まらなくなり、自分がどれほど無理をしてきていたのかが分かったのです。これからは自分の心に素直になろうと思い、似合わないと思って避けてきた、お化粧やおしゃれも楽しめるようになり、人の目が気にならなくなりました。家庭を築くこともでき、母へのわだかまりも、解けていきつつあります。

悩みがあるから成長

 教会に出合え、神様と出会えた私の一番の大きな変化は、「悩みがあるからこそ、神様とつながる機会を持つことができ、成長できるのだ」と思えるようになったことです。悩まなければ自分を変えたいと思わなかったですし、変えたいと思わなければ教会に行くこともなかったと思います。
 最近、かつての私と同じ悩みを抱えている人たちから、連絡がくるようになりました。同じ悩みを抱えていた私の経験でお役に立ちたいと思います。これからは、苦しむ人を癒やせるような私になれたらと願っています。

※このお話は実話をもとに執筆されたものですが、登場人物は仮名を原則としています。

「心に届く信心真話」2021年10月10日号掲載

メディア 文字 金光新聞 信心真話 

投稿日時:2022/10/28 08:38:11.911 GMT+9



アクセスランクTOP10
  1. 【1/11日更新】令和6年能登半島地震について
  2. Video 【教話】「信吉桜に見守られながら」
  3. 【再掲】布教功労者報徳祭並びに金光攝胤君60年祭について
  4. Video 第59回通常教団会が開会されました
  5. Video 【教務総長挨拶】「お差し向けを受け、お差し向けになる」
  6. 【再掲】正月のご案内
  7. Video 【教話】「遊ばせて頂く」
  8. Video 【教話】「おかげの手本出し」
  9. Video 【教話】「ビー・ワン・ウィズ・金光大神」
  10. Video 【布教功労者報徳祭並びに金光攝胤君60年祭】教務総長挨拶
このページの先頭へ